南京の紹介

最新情報

2022-08-23
夏の珍珠泉リゾートにある喜び
珍珠泉景勝地 晴れ渡る真夏日に、セミやキリギリスは鳴き止まない、扇風機がまわり、手元のスイカまで熱く感じる。こんなに暑くてたまらない時こそ、思い切って珍珠泉景勝地に行こう!珍珠泉の「歓楽水世界」で水遊
2022-08-19
秦淮非遺館で時を超える旅に出かけよう~
「明潮那些事児」は南京初のゲーム型双方向性体験、没入型演出、ミステリーシナリオゲームを一体化したパノラマ没入型デジタル体験館である。体験館は明代の応天官邸をリアルに再現し、ここでタイムスリップして、時
2022-08-16
紅山森林動物園:夜の動物園を探険する
 夜の動物園は昼間の喧騒が収まり、優しい夜風が木枝を撫で、月の光が澄んだ湖面を照り、あちこちで虫の鳴き声が聞こえる。夜の動物園で、普段と違う「動物の住民」と出会い、サプライズ満点の新しい発見は観光客を
2022-08-03
この夏、玄武湖で蓮の美しさを見に行こう!
玄武湖の蓮には悠久の歴史があり、中国で有名な蓮の花を観賞する八つの観光スポットの一つとされている。湖に植えられた蓮は500ムーに達しており、「玄武紅蓮」という品種をメインとしている。この種の蓮は花びら
2022-07-27
南京麗笙精選リゾートホテル
南京麗笙精選リゾートホテルは江苏園博園の中にあり、静謐な園林の中に隠れる5つ星ホテルである。松柏、温泉、青山に囲まれ、「自然の中に身を置いて、山の中で游んでいる」という隠遁感を与えてくれる。ホテルのあ
2022-07-20
秦淮・戯院里におけるタイムスリップの旅
 あなたは室内で開催される「秦淮燈会」を見たことがあるだろうか。子廟貢院街80号にある「秦淮・戯院里」では永遠に閉幕しない「秦淮燈会」を行っている。ここでは、秦淮文化をもとに、没入型の体験と合わせ、南
2022-07-12
水木秦淮文化芸術街区で、夏のロマンを感じよう!
 水木秦淮文化芸術街区は秦淮河畔に位置し、すぐそばには南京芸術学院があり、その上には南京ラジオテレビタワーがそびえる。このエリアは文芸的セレブな雰囲気に満ち溢れる。街区を散策すると、あらゆるところに芸
2022-07-05
時代の記憶ー南湖街区 
 高層ビルが林立している今日、南京の一隅に、1980年代の面影を残す場所がある。それが、南湖街区だ。南京にとって、南湖はランドマーク的であり、時代の記憶の縮図でもある。 南湖街区は1980年代に建設さ
2022-06-23
老友記客桟
南京市浦口区不老村に位置する老友記客桟は、モダンなデザインと渋い大自然の趣が融合した徽式の庭付き旅館である。「江蘇省人気民宿トップ10」の栄誉に輝き、南京市浦口の特色ある民宿村の代表的な存在となってい
2022-06-15
星甸イスラム五香牛肉
 南京市浦口区の星甸街道は回族が集まる場所である。清の中期以来、星甸の回族が作った熟食は有名で、その中で、イスラム(清真)五香牛肉が最も特色を持つ一品であり、三百年近くの歴史を持っている。その調理技術
2022-06-10
雨発生態観光地、戸外の趣
 南京雨発生態観光地は国家AAAA級観光地であり、江蘇省四つ星級農村部観光地でもあり、敷地面積が4000ムー以上もあるここは、リゾート、生態観光、テーマ遊園地、特色ある演芸、農業科学普及、家族見学、そ
2022-06-01
江蘇観光情報ー2022・夏(南京の内容)
2022-05-26
舟を浮かべる秦淮河、ゆったり夢見る夏
初夏の夜風は些か蒸し暑さを含んで、南京秦淮河の水面を優しく撫でていきます。こういう時、秦淮河を行き来する遊覧船や画舫は人々が思いを馳せる憧れとなります。「泛舟秦淮(秦淮河で船を浮かべる)」は西晋より始
2022-05-17
南京湖濱金陵ホテル
南京湖濱金陵ホテルは、美しい百家湖畔の北東にある半島に位置し、三方を湖に囲まれ、湖と山の景色が調和して、実に美しい。ホテルの特徴は「店の中に庭があり、庭の中に店がある」ことで、建物の間に設けられた水辺
2022-05-10
熙南里歴史文化街区
中山南路と昇州路が交わる場所にある熙南里は、南京ならではの歴史的な風貌が残る町並みである。ここは甘熙故居を文化遺産の媒体して、至るところに「緑の瓦と馬頭の壁、回廊と格子窓」のような建物が点在し、城南の
2022-05-05
甘熙故居
南京市秦淮区にある甘熙故居は清の嘉慶年間に建てられ、通称「九十九間半」と呼ばれ、明孝陵、明城壁と並ぶ南京の明清三大景観の一つである。南京で面積の最も大きく、最も保存状態の良い民家である。甘熙故居は「九
2022-04-27
南京長江伝奇クルーズ船
「長江伝奇」号のクルーズ船は、南京の文化と風土をモチーフにした豪華客船で、南京初の濱江クルーズ船である。全長69.8メートル、全幅11.20メートル、総トン数1818トン、4階建て、乗客定員399名。
2022-04-21
紫金山荘ホテル
 美しい六朝の古都、南京城の中に、荘園式酸素バーが隠れている。その名は南京紫金山荘。紫金山荘は景色の美しい鐘山景勝地内に位置し、敷地面積は約1200ムー余りある。山と水に隣接した場所につくられ、南京市
2022-04-12
南京古生物博物館
 南京古生物博物館は南京市中心部の鶏鳴寺景勝地の隣に位置している。有名な桜花大道に隣接し、建築デザインが斬新かつ立派で、明るい雰囲気である。総建築面積は8500平方メートルであり、そのうち、展示エリア
2022-04-07
南京の春の協奏曲
 四月、穏やかな春の日、景色も明るい。三月のひんやりとした寒さも和らぎ、南京の四月は常に暖かくてやさしい。のどかな日差し、軽やかな風、舞う花畑、ゆらゆらと揺れる草、舞い上がる凧などが、軽いリズムで春の
2022-03-21
六朝燕集、夢で金陵に戻る
 牛首山の麓には、石青、石緑、孔雀石などで出来た小さな城が隠れている。昼間、城の青さはとりわけ目立ち、風雅で雍容な気品を示す。夜になると、瑠璃が彩られて屋根を描き、耽美でロマンチックな魅力を放つ。少し
2022-03-17
春のピンクの海、あなたのために咲く「桜」
桜の落ちるスピードは秒速5センチだと言われる。3月の南京に桜が舞いうと、ピンク色のロマンチックな雰囲気になり、夢や幻のようである。早速南京を訪れて、友達と桜吹雪の絶景を見に行こう。古鶏鳴寺の桜通り 「
2022-03-07
「七頭一脳」、南京の春の山菜の宴
 三月になると、春の雰囲気が一層濃くなる。南京市民の山菜に対するこだわりも現れる。南京では山菜の旬が短く、その中で「七頭一脳」はいくら食べても飽きない「春限定」のごちそうである。この「七頭一脳」とはい
2022-02-28
南京で「梅」と素敵な時間を共に過ごそう
雪の後、南京はあちこちに梅がひっそりと咲きだしたよ。早く梅の花見に来て、共に素敵な時間を過ごしましょう。玄武湖観光地梁翠堤、金陵盆景園、翠虹堤エリア、梁洲古閲武台......所々に紅梅が積み重なって、
2022-02-23
遺跡が公園に一変、ここに来て金陵南朝の遺風を探そう
‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍六朝の古都、美しい南京。南京は古都としてずっと濃厚な歴史・人文的雰囲気で有名である。ここに遺跡は至る所にあり、今日は南京栖霞にあるこの遺跡公園―蕭宏石刻公園を案内する。一緒に南
2022-02-19
清涼山「系鈴祈福」広場がオープンしたよ!
聞いて、透き通った風鈴の音が清涼山観光地を鳴り響いている。清涼山観光地の新しいスポット―「系鈴祈福」広場がオープンしたのだ。一緒にチェックしてみましょう!「系鈴祈福」広場ここは写真撮影や遊覧にぴったり
2022-02-09
江蘇観光情報ー2022・春(南京の内容)
2022-01-20
2022年初めての梅の香りを楽しみながら、南京で冬のやさしさを感じる
目下、蝋梅の花が次第に咲いていき、浅い黄色の蠟梅の花がこの冬を灯したようで、人の気持ちも明るくなってきた。南京では、どこへ蠟梅の花を見に行くか?1.莫愁湖観光地「零れ落ちて土に帰り、その香りだけが昔の
2022-01-09
全国第一陣!夫子廟歩行者天国が人気爆発!
1月9日、文化・観光部弁公庁が発表した第1陣国家級観光レジャー街区リストの中で、南京市秦淮区夫子廟歩行者天国がランクインし、南京で唯一ランク入りの観光レジャー街区となった。夫子廟歩行者天国は南京市夫子
2022-01-03
南京に最新の文化的ランドマークが登場!この博物館最大の文化財は城壁!
 カーテンウォールは城を輝かせ、煉瓦が連なる様子は心を震わす。素晴らしいデジタル技術、無形文化遺産基準で新しい一ページへ……この程、国内最大級の城壁専門博物館――南京城壁博物館がプレオープンした。新し
2021-12-29
見逃せない「風花雪月」、南京の雪見絶景スポット
 金陵の雪が降ると、地に白い梨花が広がる。最初の雪が南京城に降り落ちる時、六朝古都の趣がゆっくりと漂ってくる。ひらひら舞う雪の華は、時間旅行をしているタイムスリッパーのようである。南京を古い時間に持ち
2021-12-20
冬は南京の素晴らしい公園——玄武湖に来ましょう!
玄武湖は南京の都市部に位置する湖であり、東が紫金山に臨み、西が明城壁に面し、北が南京駅に隣接している。江南地区の最も大きい城内公園であり、中国最大の王立庭園の湖であり、唯一の江南王立庭園でもある。「金