南京の紹介

最新情報

2022-05-26
舟を浮かべる秦淮河、ゆったり夢見る夏
初夏の夜風は些か蒸し暑さを含んで、南京秦淮河の水面を優しく撫でていきます。こういう時、秦淮河を行き来する遊覧船や画舫は人々が思いを馳せる憧れとなります。「泛舟秦淮(秦淮河で船を浮かべる)」は西晋より始
2022-05-17
南京湖濱金陵ホテル
南京湖濱金陵ホテルは、美しい百家湖畔の北東にある半島に位置し、三方を湖に囲まれ、湖と山の景色が調和して、実に美しい。ホテルの特徴は「店の中に庭があり、庭の中に店がある」ことで、建物の間に設けられた水辺
2022-05-10
熙南里歴史文化街区
中山南路と昇州路が交わる場所にある熙南里は、南京ならではの歴史的な風貌が残る町並みである。ここは甘熙故居を文化遺産の媒体して、至るところに「緑の瓦と馬頭の壁、回廊と格子窓」のような建物が点在し、城南の
2022-05-05
甘熙故居
南京市秦淮区にある甘熙故居は清の嘉慶年間に建てられ、通称「九十九間半」と呼ばれ、明孝陵、明城壁と並ぶ南京の明清三大景観の一つである。南京で面積の最も大きく、最も保存状態の良い民家である。甘熙故居は「九
2022-04-27
南京長江伝奇クルーズ船
「長江伝奇」号のクルーズ船は、南京の文化と風土をモチーフにした豪華客船で、南京初の濱江クルーズ船である。全長69.8メートル、全幅11.20メートル、総トン数1818トン、4階建て、乗客定員399名。
2022-04-21
紫金山荘ホテル
 美しい六朝の古都、南京城の中に、荘園式酸素バーが隠れている。その名は南京紫金山荘。紫金山荘は景色の美しい鐘山景勝地内に位置し、敷地面積は約1200ムー余りある。山と水に隣接した場所につくられ、南京市
2022-04-12
南京古生物博物館
 南京古生物博物館は南京市中心部の鶏鳴寺景勝地の隣に位置している。有名な桜花大道に隣接し、建築デザインが斬新かつ立派で、明るい雰囲気である。総建築面積は8500平方メートルであり、そのうち、展示エリア
2022-04-07
南京の春の協奏曲
 四月、穏やかな春の日、景色も明るい。三月のひんやりとした寒さも和らぎ、南京の四月は常に暖かくてやさしい。のどかな日差し、軽やかな風、舞う花畑、ゆらゆらと揺れる草、舞い上がる凧などが、軽いリズムで春の
2022-03-21
六朝燕集、夢で金陵に戻る
 牛首山の麓には、石青、石緑、孔雀石などで出来た小さな城が隠れている。昼間、城の青さはとりわけ目立ち、風雅で雍容な気品を示す。夜になると、瑠璃が彩られて屋根を描き、耽美でロマンチックな魅力を放つ。少し
2022-03-17
春のピンクの海、あなたのために咲く「桜」
桜の落ちるスピードは秒速5センチだと言われる。3月の南京に桜が舞いうと、ピンク色のロマンチックな雰囲気になり、夢や幻のようである。早速南京を訪れて、友達と桜吹雪の絶景を見に行こう。古鶏鳴寺の桜通り 「
2022-03-07
「七頭一脳」、南京の春の山菜の宴
 三月になると、春の雰囲気が一層濃くなる。南京市民の山菜に対するこだわりも現れる。南京では山菜の旬が短く、その中で「七頭一脳」はいくら食べても飽きない「春限定」のごちそうである。この「七頭一脳」とはい
2022-02-28
南京で「梅」と素敵な時間を共に過ごそう
雪の後、南京はあちこちに梅がひっそりと咲きだしたよ。早く梅の花見に来て、共に素敵な時間を過ごしましょう。玄武湖観光地梁翠堤、金陵盆景園、翠虹堤エリア、梁洲古閲武台......所々に紅梅が積み重なって、
2022-02-23
遺跡が公園に一変、ここに来て金陵南朝の遺風を探そう
‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍六朝の古都、美しい南京。南京は古都としてずっと濃厚な歴史・人文的雰囲気で有名である。ここに遺跡は至る所にあり、今日は南京栖霞にあるこの遺跡公園―蕭宏石刻公園を案内する。一緒に南
2022-02-19
清涼山「系鈴祈福」広場がオープンしたよ!
聞いて、透き通った風鈴の音が清涼山観光地を鳴り響いている。清涼山観光地の新しいスポット―「系鈴祈福」広場がオープンしたのだ。一緒にチェックしてみましょう!「系鈴祈福」広場ここは写真撮影や遊覧にぴったり
2022-02-09
江蘇観光情報ー2022・春(南京の内容)
2022-01-20
2022年初めての梅の香りを楽しみながら、南京で冬のやさしさを感じる
目下、蝋梅の花が次第に咲いていき、浅い黄色の蠟梅の花がこの冬を灯したようで、人の気持ちも明るくなってきた。南京では、どこへ蠟梅の花を見に行くか?1.莫愁湖観光地「零れ落ちて土に帰り、その香りだけが昔の
2022-01-09
全国第一陣!夫子廟歩行者天国が人気爆発!
1月9日、文化・観光部弁公庁が発表した第1陣国家級観光レジャー街区リストの中で、南京市秦淮区夫子廟歩行者天国がランクインし、南京で唯一ランク入りの観光レジャー街区となった。夫子廟歩行者天国は南京市夫子
2022-01-03
南京に最新の文化的ランドマークが登場!この博物館最大の文化財は城壁!
 カーテンウォールは城を輝かせ、煉瓦が連なる様子は心を震わす。素晴らしいデジタル技術、無形文化遺産基準で新しい一ページへ……この程、国内最大級の城壁専門博物館――南京城壁博物館がプレオープンした。新し
2021-12-29
見逃せない「風花雪月」、南京の雪見絶景スポット
 金陵の雪が降ると、地に白い梨花が広がる。最初の雪が南京城に降り落ちる時、六朝古都の趣がゆっくりと漂ってくる。ひらひら舞う雪の華は、時間旅行をしているタイムスリッパーのようである。南京を古い時間に持ち
2021-12-20
冬は南京の素晴らしい公園——玄武湖に来ましょう!
玄武湖は南京の都市部に位置する湖であり、東が紫金山に臨み、西が明城壁に面し、北が南京駅に隣接している。江南地区の最も大きい城内公園であり、中国最大の王立庭園の湖であり、唯一の江南王立庭園でもある。「金
2021-12-15
南京頤和揚子ホテル
1914年に建てられ、フランス人が出資し、明城壁のレンガで建てられたヨーロッパ風の城である。今、頤和揚子ホテルは百年の積み重ねを経て、昔の繁華を取り戻した。豪華な客室、民国風の中華料理、本場のフランス
2021-12-08
徳基美術館、グレードアップして復帰、3大展覧会が盛大登場
 新しくアップグレードされた後、徳基美術館は2年ぶりに登場した。美術館は世界のビジョン、現代の文脈、現地文化の表現から出発し、開放と革新の方法で、観客にその豊かで多元的な研究と展覧体系を示す。その内容
2021-11-30
江蘇観光情報――2021・冬(南京の内容)
2021-11-20
湯山で冬を楽しむ
南京の冬は湿っていて寒い。少し不快な気持ちになることもある。だが、冬の景色はなんとも趣がある。自然の風景、心も温める温泉、伝統的なスイーツが揃っていてじめじめした空気を少しずつ温めていき、幸せな余熱を
2021-11-15
栖霞山で美しい深秋の南京に出会おう
栖霞山は中国四大紅葉名所の一つである。山の西麓には千年歴史を持つ古刹――栖霞寺がある。栖霞山は西側が楓嶺と称され、立冬の時、紅葉が火のように赤くなり、山全体を染め、まるで油絵のように美しい。山頂に登っ
2021-11-10
第七回清涼山銀杏文化観光祭――南京で会おう!
秋が深まり、「七朝勝跡」と呼ばれている清凉山公園内の景色も美しく色づき、古風で静かである。ここには南京市内最大規模の銀杏林がある。銀杏の葉が黄色くなると、大勢の観光客が押し寄せてくる。11月5日、「福
2021-10-30
意外と知られていない牛首山の魅力
牛首山は頂上に突き出た二つの峰が牛の頭の角に似っていることから名付けられた。牛首山は自然風景が美しいし、文化が深いし、また中国南宋の有名な武将の岳飛が当時の侵略者と戦ったところであるし、中国の航海家の
2021-10-20
秋の高淳の旅行記
南京市高淳区にある椏渓鎮は山が三分、水が二分、田が五分というような素晴らしい生態比率を持ち、山、水、町、森が一体となり、独特の景観を有している。高淳国際慢城(スローシティ)観光リゾート区の中には、「生
2021-10-10
「運河百景」リスト、南京のこれらのところが登録された
江蘇省文化と旅行庁が公式的に「運河百景」という代表的な運河文化旅行地リストを発表し、中には観光地、博物館、観光村鎮、観光コース等六つの部分に分けられる。今回選ばれた百の代表的な運河旅行地は運河文化体験
2021-10-01
秋冬の南京、癒しの旅
空は高く晴れ渡り、プラタナスの葉が色づく……南京の秋がやってきた。目に映る自然は色鮮やかで、秋の韻情豊かである。喧噪を離れ、雅な南京を楽しもう。秋が過ぎ、冬となれば、温泉で心身を癒してください。南京で
2021-09-28
金陵秋食記
金モクセイの香りが漂いて秋の雰囲気が濃くなり、街角にある甘栗屋さんからの栗の香りと共に、南京の秋がやってきた。この季節の南京は何か違うところがあるのかと言えば、桂花糖芋苗(里芋のキンモクセイ水飴煮込み
2021-09-20
初秋、金陵の美しさはここにある
九月の南京は、自然風景は依然として美しくて、それと共にまた静かで落ち着いている雰囲気が溢れる。じっくり味わうと、多彩な金陵が見つかる。鐘山観光地初秋の空は澄み渡り、森に覆われた鐘山観光地は静かでゆった