南京の紹介

最新情報

2020-10-27
南京の秋を楽しみに行こう
南京には、秋という季節がないと言う人が多い。ただ一晩で暑気が消えてしまい、寒い空気が殺到し、秋の雰囲気が全然感じできないと言われたが、そうとは思わない。飽きられない甘栗、鼻にいっぱい満ちたキンモクセイ
2020-10-13
来いよ、一緒に南京の浦口の秋を楽しもう
10月が来て、そよ風は潤いがあり、気温もちょうどいい。 南京の浦口に来て、山・水・畑の風景を見ながら、のんびりとした生活を体験してみろう!象山湖公園南京の人々にとって、象山湖公園は非常に重要な存在であ
2020-10-09
延べ967万3千人、賑やかな南京の再登場
今年、「十一」国慶節と中秋節は同じ日です。「ダブルフェスティバル」は、文化観光部門が省を越えた観光を開始して以来、最初のゴールデンウィークです。 スマート旅行のビッグデータによると、フェスティバル期間
2020-09-29
日帰り旅行にぴったりした南京の三つの観光場所 美しく、人が少なく、格調が高い
南京博物院近年、地下一階の民国館と民国風情街により、南京博物院は日帰り旅行の人気の観光場所になっています。民国の街並みを再現した民国館で昔の南京の美食を食べて、民国風の様々な店の中でぶらぶらして、レト
2020-09-17
南京のニッチな風景を探し—— 南京郊外の観光場所のおすすめ
忙しい生活の中で、みんなは常に時間の束縛から脱出し、癒しの場所を探したいでしょう。実は、そんな桃源郷が遠くではありません。今日、みんなと一緒に南京の郊外に行き、ニッチな風景を探しましょう。竹鎮金磁村、
2020-09-03
夜の金陵の過ごし方
はじめに: 南京は古くは金陵と呼ばれ、何千年もの歴史が刻まれてきた街である。昼間の南京は穏やかで上品に見えるが、日が落ちると、この歴史ある古都は「表情」を変え、艶やかさ、活発さ、温かみなど様々な都市の
2020-08-20
ここから始まる、陶磁器文化の旅
5000年余りの前に造られた陶磁器、百名の陶磁器大師の作品、「国宴」(政府が国賓を招待して行う宴会)用の中国陶磁器などに興味がある方、是非「高淳陶瓷博物館」に来てください。高淳陶瓷博物館は秀山の麓に位
2020-08-14
この道が、1800メートルの長さで1800年の南京史を述べています
「南京史の半分を記しています」と言われる長江路は江蘇省南京市の玄武区に位置し、文化感が溢れる街区です。長江路の総距離はただ1800メートルしかありませんが、六朝時代(陳、梁、斉、宋、東晋、東呉)、明朝
2020-08-10
「海」を渡る電車を乗り、南京の天空の鏡を観賞しましょうか
江蘇省南京市の溧水区における石臼湖は北湖とも呼ばれ、面積が207.65平方キロ―メートルがあります。夏になると、石臼湖の畔において、広々として果てしない水面が水天一碧で、「海」のような美しさを持ってい
2020-07-22
大暑が来ました、南京の消夏の良い方法を見ましょう!
毎年7月23日ごろ、「大暑」という節気が来る。「小暑」と同じく、夏の暑さを示す節気です。大暑は夏の最後の節気であり、一年中の最も熱い時期が来たという意味です。強い日差し、喧しい蝉、35度以上の高温のと
2020-07-21
南京の蓮華が満開、君が見たことがない珍しい種類もありますよ!
また蓮華めぐりの季節です。緑色の蓮、黄色の蓮、そして双生蓮華、見たことがありますか?そう、南京に来たら、これ全部見えますよ!今年、南京の玄武湖風景区は特別な蓮種類を輸入しました。例えば、金陵凝翆、逸仙
2020-07-06
見て!明孝陵に精霊が来ました!
7月3日、明孝陵が世界文化遺産に登録した17年目の際、明孝陵の「長生鹿苑」は正式的に公開しました。長生鹿苑は明太祖・朱元璋が明孝陵を建設していた時に創めました。明太祖の命令によって、明孝陵に鹿が千匹を
2020-06-24
「寧」生活を楽しもう・町の南の横丁
秦淮、人をゆっくり生活したくなる場所。そして、老門東は暇つぶしの絶好な選択。時間を問わず、賑やかと古風幽玄を同時に存在するスポットです。人気店を並んで、当地名物を味わってみたり、静かなお店でお茶やお酒
2020-06-17
南京で無形文化遺産の旅を出ましょう
1.どこへ遊びに行くほうがいい?世界文化遺産である明孝陵観光地に行ったら、南京の文化と民俗に大きな影響を与えた明王朝の歴史を見学できます。もし南京市民俗博物館(甘熙宅第とも称されています)に入ると、す
2020-06-03
見て!これが世界文学の都
南京は歴史上、文学大家輩出、優れた文学作品も頻出、国際連合教育科学文化機関に「世界文学の都」とうたわれています。調査によりますと、中国文学作品の中に南京と関わりあるのが一万冊ぐらいあり、『西遊記』『本
2020-05-27
スロー南京をエンジョイ
5月の月末、南京は既に夏気分です。避暑目的で、南京のスロー生活体験してみたい方にとっては、「市内森コース」or「南京特色田舎コース」どちらでもいい選択になるでしょう。1、中山植物園夏の頭ごろ、南京鐘山
2020-05-18
中国メイン会場での2020年国際博物館の日が南京博物院で成功裏に挙行されました
【南京(中国)2020年5月19日PR Newswire=共同通信JBN】National Cultural Heritage Administration(国家文化遺産管理局)と江蘇省人民政府の主催
2020-05-07
江蘇観光情報ー2020・夏(南京内容)
2020-04-27
ここに行けば、長江全貌が見えるよ!
450メートルもある「紫峰ビル」を俯瞰したことは、南京では絶対に自慢できます。そして、360°長江を自由に見放題という凄さは更にいうまでもありません。では、どこにいけば鑑賞できるかというと、紛れもなく
2020-04-20
陽春の候、花見に行きましょう
四月の半ばを過ぎ、海棠と里桜が散るにつれて、躑躅とモッコウバラは春の花見舞台に登場しました。今の南京国防園には躑躅が絢爛たる美しさを持って咲いています。暖かい春風とうららかな日差しに合わせ、鮮麗の花は
2020-04-06
南京マイナーな観光スポットのお薦め
南京の夫子廟、総統府などが見慣れたかもしれませんが、また何が独特なマイナースポットがあるかとご存知でしょうか?存じていない方は、続きに見てください。1. 国立美術陳列館南京国立美術陳列館旧跡は中国初の
2020-03-27
青きを踏みましょう
 旧暦3月3日に野辺に出て青々と萌え出た草の上を歩き宴を催したのは中国の習俗にならったものです。  今ではその日に限らず春の野山の青草を踏み逍遥することは楽しいことです。こんな季節に南京で青きを踏みま
2020-03-20
恋愛パワースポット?そんなに簡単ではない鶏鳴寺!
鶏鳴寺は南京歴史一番長いお寺であり、恋愛成就に非常に効くと言われます!1700年も前(南朝時期)に建てられた鶏鳴寺は年月をわたって、歴史感がすごい場所であります。「南朝四百八十ものお寺があり」という仏
2020-03-12
南京の春の味
春の旬の味といえば、野菜でしょう!2、3月ぐらいの南京はみどりに囲まれ、野菜の種類も驚く程多いです。このような野菜は日本で聞いたことありますか?カラシナ早春時期、まだほかの野菜の姿が見つかぬ時、カラシ
2020-02-26
お花見でもしませんか?南京の梅花について
梅花、桜、木蓮、海棠…この時期の南京は花の世界になり、SNSでも美しい写真ばかりで、ついに行ってみたいなぁと思ってしまいます。南京の人にとって、花見の時期は梅花から始まります。梅花は南京を代表するお花
2020-02-14
2020年東京満月祭に参加しました!
東京満月祭は2020年2月8日~9日に池袋のグローバルリンクで開催しました。南京ブースでは雨花茶、雲錦、南京塩水ダック(塩味付けアヒル)、小龍包など特産物を展示しました。また、「江蘇観光情報」、「南京
2020-02-10
南京ダック(アヒール)
ダックというグルメをいえば、中国地方だったら北京ダックのことを思い出すでしょう。実は南京のダックもすごく美味しくまた北京のとは違う味わいがします。南京では塩つけアヒールが有名ですが、焼くほうも地元では
2020-01-22
南京秦淮灯会
南京の春はちょうどイルミネーションを見るいい時期で、1700年以上の歴史を持つ秦淮灯会は南京特色習俗と伝統的な手芸を表しました。夜になりますと、地元民と一緒に夫子廟と秦淮河を散策しながら、ライトアップ
2020-01-02
南京観光は上海の「Whenever」に出稿しました!!
あけましておめでとうございます!南京観光は上海で発行する「Whenever」に出稿し、2020年第一号の表紙として掲載されました!上海で生活している皆様、ぜひぜひご覧ください。
2020-01-01
南京観光のFacebookをフォローしてください!
今年から、南京観光はFacebookアカウントを開設しました。毎日南京に関して歴史と文化、風俗習慣、観光スポット、イベント、観光ツアーなどの最新情報を更新します。南京に興味がもち、まだ了解したい方は、
2019-11-29
2020年から、南京にお越してみませんか 第一弾 【南京花見時間大紹介】
そろそろ12月に入って、2019年が終了となります。新しい一年、どこへ旅行に行くことが決まりましたか?もし、まだ決めっていない場合、南京はいかがでしょうか?中国有名な文学作家余秋雨は、ユネスコに登録さ
2019-10-26
江蘇観光情報ー2019・冬(南京内容)