南京の紹介

最新情報

< BACK
2021-02-25
南京の歴史を知りたい君にこれらのスポットをお薦め!

「六朝の古都」として、南京は非常に長い歴史を持っています。南京の大地を踏むと、素朴で重厚な歴史感に囲まれるような気がします。ここに来て南京の過去と現在を知りたいが、どこに行けばいいのかわからないとき、これらのスポットをお薦め!


一、南京方志館

無料で一般公開されている南京方志館には、南京という町の歴史の印を誰でも見つけることができます。南京方志館に入ると、南京のタイムトンネルに足を踏み入れたような気分になります。一見普通の木製の壁をよく見れば、すべての木板に南京の重要な歴史が刻まれていることがわかります。写真、文物、典籍、映像、定期的な展示会と講演会などを通じて、博物館は歴史好きな人々に南京という町の進化と興亡を示しています。

 


入場料:無料

場所:中国江蘇省南京市建邺区夢都大街168号

開放時間:月曜日から金曜日の9:00-17:30

交通:バス126号金陵図書館まで。地下鉄10号夢都大街駅まで



二、南京博物院

中国の三大博物館の一つである南京博物院は、中国での最初の大規模な総合博物館です。博物院には、歴史館、特別展示館、デジタル館、芸術館、無形文化遺産館、民国館という六つの展示館があります。展示されている文物はすべて、過去の王朝の宝物と傑作であり、南京という都市の歴史的発展、さらには数千年にわたる中国文明の発展の最も直接的な証でもあります。

 


入場料:無料(予約必要)

場所:中国江蘇省南京市玄武区中山東路321号

開放時間:9:00-17:00(月曜日閉館)

交通:バス5/34/36/55/59号で中山門駅まで。

   地下鉄2号明故宮駅まで。



三、南京市博物館(朝天宮)

南京市博物館は、「金陵の第一の景勝地」として知られる朝天宮に位置しており、総合的な歴史芸術館であり、江南地域の最大かつ最も保存状態の良い中国明清時代の官僚建築物です。10万件以上の文物が保存され、非常に高い歴史的、芸術的、科学的な価値を持っています。博物館は朝天宮という建物と完全に融合しており、南京の長い歴史と深い文化に基づいて建てられたものです。南京の歴史を学び、古代の首都文化の本質を理解するのに最適な場所です。


 


入場料:25元/人

場所:中国江蘇省南京市秦淮区朝天宮4号

開放時間:9:00-18:00(月曜日閉館)

交通:バス82/80号建邺路駅まで



四、六朝博物館

南京最大の時代史を展示しているテーマ博物館である六朝博物館は、中国六つの王朝の文物と歴史文化を展示しています。六朝博物館の展示品は、六朝青磁を中心として、豊かで絶妙です。文物の形は非常に面白くて、文物の陳列も歴史的で芸術的です。観覧者は歴史的雰囲気の中で南京の昔の物語を勉強することができます。



入場料:30元/人

場所:中国江蘇省南京市玄武区長江路302号

開放時間:9:00-18:00(月曜日閉館)

交通:地下鉄2/3号で大行宮駅まで。

   バス304/44号で総統府駅まで。