南京の紹介

最新情報

< BACK
2021-01-13
南京はこれらの中国AAAレベルの観光名所を追加、一緒に見に行きましょう!

実は、南京で4つの中国AAAレベルの観光名所が追加されました!これらの景勝地の中には、美しく風景や自然、そしてファッショナブルでモダンな都市の風景があります。南京に来たら、一緒に見に行きましょう!


一、南京清涼山風景区

南京西部の清涼山にある「七王朝の景勝地」として知られる清涼山公園は、有名な歴史文化公園であり、都会の森林公園でもあります。緑豊かな草木と美しい自然。四季には異なる風景があり、周辺住民の散歩やレジャーに人気の場所です。公園内には、清涼寺、掃葉楼、駐馬坂、崇正書院などの景勝地もあります。かつて諸葛亮と孫権は清涼山にしばらくとどまったことがあるので、駐馬坂という景勝地が広く知られています。

 

入場料:無料

場所:鼓楼区清涼山路83号

交通:地下鉄2号線漢中門駅。バス552路、160路、6路、91路清涼山公園駅




二、南京河西南京眼観光エリア

河西区の南京眼観光エリアに来ると、南京眼の光景を見逃すことはできません。南京の新しいランドマークの1つとして知られる南京眼は、長江での最初の観光歩行者用橋です。緑博園から南に向かって川岸を歩くと、川の景色を一望できます。南京眼には、翼のような傾斜したスチールケーブルがハープの弦のように上向きに羽ばたき、橋を歩く観光者は弦をジャンプする音符のようです。こんなユニークな景色、一見の価値ありますよ〜

 

入場料:無料

場所:建邺区河西大街239号

交通:地下鉄2号興隆大街駅に到着した後、バス126号に乗り換え、棉花堤駅まで




三、南京無想山風景区

無想山風景区は山々に囲まれ、湖と山が融合されている美しい観光エリアです。ここの森林被覆率は95%以上で、「天然酸素バー」として知られています。無想山の隅々に絵のように美しい景色があります。桟道をゆっくり歩いたり、湖の歌声を聞いたり、落ち葉の踊りを楽しんだり、そんな美景にうっとりする。無想湖のほとりの花が風に舞い、湖を美しく飾ります。無想湖で鳥や昆虫の鳴き声を聞いたり、野原を眺めたり、絶え間ない森とおしゃべりしたりすることで、珍しい余暇の時間に心身ともに癒されることができます。


入場料:無料(無想山天池10元/人)

場所:溧水区洪蓝鎮無想山

交通:地下鉄S7号で幸庄駅まで、次にバス溧水8号に乗り換え人民病院南駅まで、そしてバス溧水7号に乗り換え無想山風景区まで




四、金牛湖野生動物王国

金牛湖風景区に隣接する金牛湖野生動物王国は、美しい自然の風景を持っています。公園はウォーキングツアーエリアとセルフドライブツアーエリアに分かれており、世界中から300種以上、10,000匹以上の希少野生動物が生きています。ここの動物は自分が好きな生態ゾーンを自由に移動でき、観光客も動物と親密に接触することができます。さらに、ここにはさまざまな項目があります:サーカス、180のガラス桟道、科学博物館、クラゲの宮殿、氷と雪のお城...一本満足!

 

入場料:150元

場所:六合区S247と新庄路の交差点の北西

交通:地下鉄S8で金牛湖駅まで、バスK35 / 458に乗り換え、金牛湖新庄駅まで