南京の紹介

最新情報

< BACK
2020-10-09
延べ967万3千人、賑やかな南京の再登場

今年、「十一」国慶節と中秋節は同じ日です。「ダブルフェスティバル」は、文化観光部門を越えた観光を開始して以来、最初のゴールデンウィークです。 スマート旅行のビッグデータによると、フェスティバル期間中、南京以外の観光客が51.1%を占めました。その中で、外からの観光客が37.1%を占めました。今年上半期と比較すると、市外および外の観光客の割合はそれぞれ15.7および13.7パーセントポイント増加したことがわかりました。今年の最高記録が更新されました観光客の上位5つの都市は、安徽、上海、浙江、広東、山東であり、それぞれ25.1%、10.1%、9.5%、5.8%、5.3%を占めしましたを越えた観光の再開は大きな成果を獲得しました

 

回復

南京市は国内外から延べ9673の観光客を招待し、前年比82.2%の回復率で、文化観光部門が発表した全国の前年比回復率より3.2ポイント高いです。93億4000元の観光収入、前年比77.9の回復率、文化観光部門が発表した全国的な回復率より8ポイント高いということを達成しました。

「ダブルフェスティバル」期間、南京市の62の農村観光地は合計138500万人の観光客を招待し、前年比88.7%回復しました。市内のAレベルの観光地は、国内外の観光客、およそ6849千人を招待し、前年比71.2%回復しました。

南京市の玄武湖観光区

南京の夫子廟観光区

南京市の博物館の主館と各館は観光客延べ22万7千人を招待し、前年比70%回復しました。

南京市の各城壁観光区は観光客延べ13万1千人を招待し、前年比80%回復しました。

 

「ダブルフェスティバル」期間中、南京を訪れる観光客の消費は今年の最初の記録を更新しました。観光客のサンプル調査によると、国内の観光客は日帰り旅行で770元を費やし、上半期より45%増加し、一泊泊まりの観光客は一人平均2101元をを費やし、上半期のほぼ2倍増加しました。一泊泊まりの観光客の割合は52%に達し、上半期に比べて8%増加しました。

 


夜遊び

夜の文化観光消費のための新商品が発売されました。

南京の中華門の瓮城風景区のナイトパークがオープンし、2020年南京壁ナイトファンフェスティバル開催ました。

熙南里の歴史文化は、数百年前の金陵町の輝かしいランタンを復元し、笪灯市繁栄した場面を再現ししました

夫子廟、大報恩寺遺跡公園はナイトツアーモードをオープンしました。

玄武湖観光区は、月を眺められる遊覧船ツアーとライト音楽噴水をオープンしました。

江蘇美術館、六朝博物館、南京図書館、江寧織博物館などの博物館は営業時間延長、市民や観光客が夜に南京を「読む」場所を提供しました。

 

 

ファッション遊び

フェスティバル期間中、建邺「銀杏里文化芸術」がオープンし、「第15回莫愁雨文化」が開催され、中国風の音楽、ダンス、古代の楽器、現代の電子音楽を融合しました。

牛首山文化旅行区は、中秋月見、月祭りの風俗融合し、月祭りについての演出と祝福を祈る儀式を行い、「月を歌う・現在を歌う」をテーマにしたコンサートを開催しました

中山風景区の明孝陵は、「孝陵地宮VR探検」という没入型体験プロジェクトを作りしました梅花谷は、GPSで「深い森で鹿を見る」という文化歴史的景観を再現しました

大規模な360°全方向没入型パフォーマンス「ハッピー南京」が熙南里で開始され観光客演技者が一緒にパフォーマンスを完成しました。107まで、合計11回の公演が開催され毎回満員でした。