南京の紹介

最新情報

< BACK
2021-04-02
南京の旬の食!春に南京へ来たらお薦めのグルメ

一、青団

あっという間に清明節が近づいてきて、また青団を食べる季節になりました! 南京では、春に初めて青団を食べたのは「春を食べる」と呼ばれ、毎年春先には青団のお店の前に人が並んでいました。小豆餡、ナツメのこしあん、卵黄と肉のあんなど、さまざまな餡があります。柔らかな春団を一口噛むと、春を抱擁するみたいですね。


二、酒饅頭

花の香りが漂い始まると、酒饅頭を食べるのに最適な季節になります。酒饅頭は日本酒で発酵させたもので、気候の関係で一シーズンしか売られていないものので、今が一番美味しいです。早春の酒饅頭は、香ばしくて甘く、皮が柔らかく、見た目は分厚いが、食べるとふわふわで、口の中で少し甘く、ほのかなワインの香りがします。丁寧に噛むと、舌先に甘さを満たします。 


三、ソラマメ

「春の雨が降るとソラマメが育つ」ということわざがあります。今のソラマメは柔らかく、緑色で非常に新鮮です。豆の美味しさは、茹でても揚げても、口の中で長持ちします。料理に入る以外、ソラマメは調理されやすいため、さまざまなおやつに制作され、南京のおやつの主な食材となっています。